利用者インタビュー#15 Chiharuさん

利用者インタビュー

Chiharuさん(29歳)

高校を卒業後、一度フリーターとして様々な職種を経験されたChiharuさん。
大切な人を失ったことをきっかけに、一度きりの人生後悔なく行きたいと留学を決意。
中国の大学そして大学院を卒業し、自分の行きたい道が分からず悩んでいたところから、やりたい仕事を見つけ、内定を掴むまでの道のりをお伺いしました!

Chiharuさんについて

留学前はどんなことをされていましたか?

接客業を中心にフリーターをしていました。私はLGBT当事者ということもあって高校卒業時に就職或は大学進学で性別の部分で悩みどう動いていいかわからず、とりあえず働いてみようという思いで飲食業、製造業、小売り業と様々な業界で働いていました。

留学を決めたきっかけはなんですか?

色んな理由で決意したのですが、きっかけは身内の不幸です。若くして亡くなられ、人の死は突然なんだと思い知らされました。

一生このままでいいのか自問自答を繰り返し、本気で自分の人生を考えるようになり、母にカミングアウト、将来の相談をしました。しかし私の母は中国人で日本語が不得意なため、全く思いが伝わらず自分の中国語の語彙力や表現力の無さを痛感したことがきっかけです。

中国での留学生活はいかがでしたか?

とにかく最初は食が合わず毎日お腹壊してました(笑)あと日々カルチャーショック、驚きの連続で刺激的でした(笑)

中国は本当に人のこと気にしない国なので性別とかそんなに気になることもなく自由に生活できていました。

語学留学が目的ではありましたが、もともと学歴コンプレックスもあったので語学大学の進学を目指し本格的に語学の勉強をしていました。見返したいという思いとプラスαのスキルを身に着けたいと思い、教育にもともと興味があったので大学院に進学し、中国人の生徒に混ざり教育について学びました。

就職活動・転職活動について

帰国キャリアドットコムを利用したきっかけはなんですか?

友人からの紹介です。実際に彼が帰国キャリアドットコムさんを利用し就職に成功したのを聞き利用してみようと思いました。

利用するまで就活についてどう感じていましたか?

自身がLGBT当事者ということもあり、こんな自分が果たして就職なんてできるのか毎日考え、ありのままの自分で就活できるのかとにかく不安でした。

あとは一度フリーターをしてから大学へ進学したので、新卒枠で受けるべきか中途で受けるべきか本当に悩みました。

実際に利用してみていかがでしたか?

大手から中小の人材紹介さんをいくつも利用しましたが、どこよりも圧倒的に親身になって相談に乗って下さいました。面接対策や履歴書作成のサポートだけでなく、面接にあたってのメンタル的なフォローもしてくださいました。

ありきたりなアドバイスではなく、どうしたら自分の生きたいように生きれるか、そのためには今何が必要ようか、長期キャリアについて本気で一緒に考えてくれました。

たくさんサポート頂いた中で一番ありがたかったのは、「LGBTとか年齢は関係ない」って本気で言ってくださったことです。

就活中工夫していたことはありますか?

身だしなみ、言葉使い、逆質問はかなり気を使いました。

また、受ける企業の事業内容に対して聞きたいことはできるだけ深く聞くようにしていました。これも一種のアピールだと思ったからです。

あとは、自分を飾らないことですね。

就活中大変だったこと、悩んだことはなんですか?またどうやって乗り越えましたか?

とにかく全部です(笑)

年齢、性別、スキル面、キャリア面、今後のビジョン。どれもネックでほんとに日々己との戦いでした。書類選考の通過率の低さには苦しめられました。またプライベートでも上手くいかずもうあきらめてしまおうかとも思った時期もありました。

そのたびに、帰国キャリアドットコムの担当者さんに話を聞いてもらい、自分を奮い立たせ、前を向き、行動を辞めなかったから内定がでたのだと思います。

留学生活で就職活動に役立ったと思えることはありましたか?

コミュニケーション力、相手の思いを汲み取るよう努力できる力、あとは粘り強く問題を解決できるよう忍耐強く物事に取り組むことは就活でも役に立ったと思います。

ご自身の就活を振り返ってみていかがですか?

苦痛と学びの時間でした。大手外資系~中小ベンチャー企業までいろいろ受けましたが、トライ&エラーを繰り返し、前回の反省と自己改善の繰り返しだったと思います。

帰国キャリアドットコムの担当者さんのおかげで自分の企業選びの軸や将来のビジョンも定まり悔いのない就活をする事が出来ました。

帰国キャリアドットコムの担当者さんに会っていなければ、見えていなかった道なので、感謝しています。

最後に、これから就活をされる方に一言!

就職したい!こうなりたい!と言う意欲があるならば絶対大丈夫です!諦めなければ絶対なんとかなります。こんな私でも内定をいただくことができたので( ^^)
性別、年齢、社会人経験がない、国籍、そんなことは重要ではありません。将来どうなりたいか今一度考えてみてください。自分の人生悔いなく歩んでください、そして自分のキャリアに本気で向き合ってください。就活とはそういう時間だと思いますので。

担当コンサルあとがき

Chiharuさんは帰国してすぐにご相談くださいました。
はじめてお話したときは、年齢や性別など不安になる要素が多かったようで、消去法で仕事を探してしまっていました。

そこで、本当に何をやっていきたいのか、どんな人になりたいのか、じっくりお話をさせていただき、「これだ!」というものが見えてからのChiharuさんは一気に前向きになりました!
学生時代から人一倍努力してきたChiharuさんなら新しい職場でも結果を残すことができると思います!いつまでも応援しています^^

Chiharuさん、ありがとうございました!

帰国キャリアドットコムへはLGBTの方からのご相談も多数頂いております。
見た目にわかる方もいれば、そうでない方もいらっしゃいますが、重要なのはご自身がどう生きていきたいかだと思っています。
知られてしまったら受からない気がする・・・と気にするよりも、「あなた自身」を魅力と思ってくれる企業を一緒に探していきましょう。
「成長していきたい」「活躍していきたい」という気持ちがあれば、その気持を受け取ってくれる企業はたくさんありますよ。