利用者インタビュー#14 Richikaさん

利用者インタビュー


Richikaさん
(23歳)

海外の大学を卒業後、オーストラリアにワーホリに行ったRichikaさん。
海外では卒業後すぐ就職をせずにワーホリや留学に行って経験を積むことはよくあるのですが、帰国後は日本に就職をしようと決められていたため、不安もあったそうです。
そんなRichikaさんが行きたい企業に出会い、内定を掴むまでの道のりをお伺いしました。

Richikaさんについて

大学卒業後、ワーキングホリデーに行くことを決めた理由はなんですか?

海外で働いてみたいという気持ちがあったので、就職をする前に挑戦してみたかったからです。

オーストラリアでの生活はいかがでしたか?

とても楽しかったです。バックグラウンドが違う様々な人に出会い、価値観が大きく変わりました。

就職活動について

帰国前からの就活スタートだったかとおもいますが、帰国キャリアドットコムを利用しようと思ったきっかけはなんですか?

帰国キャリアドットコムさんを利用しようと考えた理由は2つあります。

1つは、就職活動をどのように始めていいか分からなかったから。

『ワーキングホリデーを終えてから就職をしたい』という気持ちはあったのですが、実際にどのくらいの規模の会社で働きたい、どのような仕事がしたい、どういう将来にしていきたい、いつから就職活動をどのように始めるかなど具体的なことは全く想像がつかない状態でした。

帰国キャリアドットコムさんはワーキングホリデーや留学をしている人向けのサービスを提供しているため、一般的な就職活動の時期を気にしすぎず、私の帰国時期に合わせたサポートをしてくださるという点が魅力的でした。

 

2つめは、WEB上で就職活動の準備をすることが出来るから。

他のエージェントさんは実際に東京や大阪に来て面談→企業紹介という流れが多いですが、帰国キャリアドットコムさんは帰国前にSkypeやLINEで面談をすることが出来るので、とても効率的だと思いました。帰国後、すぐに面接を受けていきたいと考えていたため、帰国前に面談→履歴書添削→企業紹介→オンライン面接を行えるという利点に魅力を感じました。

利用する前まで帰国後の就活についてどう感じておられましたか?

本当に就職を出来るかどうかというのは本当に不安でした。(新卒扱いになるのか、帰国時期が7月と、日本の就職活動の時期と比べると就職活動を始めるのが遅いため)

実際に利用してみていかがでしたか?

大学卒業後→ワーキングホリデーと特殊な進路だったため、身近な人に自分の悩みなどを相談することが出来ず、就職をすることが出来るのか不安でした。しかし担当の方がいつも励ましてくださり、アドバイスをしてくださったので、本当に心強かったです。

そして就職活動をする前は曖昧だった将来像ですが、担当の方のサポートによって、将来なりたい自分を明確にして、就職活動に挑めたことは、とても良かったと思います。

就活中大変だったこと、悩んだことはありますか?またどうやって乗り越えましたか?

表現の仕方に悪戦苦闘することが何度かありました。英語を使う環境では、はっきり言うことが好まれるため、日本語でも同じ感覚で言ってしまい失敗してしまうこともありました。

そのため面接練習を友達や家族の前でするだけはなく、担当の方にも面接対策をしていただき、自分の言いたいことと表現に差が生まれないようにしました。

就活中、工夫されていたことはありますか?

自分に対してなかなか自信を持つことが出来なかったので、資格を取ったり、オンラインで受講することが出来るクラスを取り、自信をつけました。

留学経験で就職活動に役立ったと思えることはありましたか?

忍耐強くなったことです。
失敗をしてしまい、落ち込むこともありましたが、すぐに切り替えて、就職活動を頑張ることが出来たのは留学経験で培った強さがあったからだと思います。

内定をもらった企業に入ろうと思って決め手はなんですか?

オンライン面談を通して、実際に働いている社員の方の話を聞いて、絶対にここで働きたいと思いました。

ご自身の就活を振り返ってみていかがですか?

後悔のない全力の就職活動をすることが出来たと思います。不安もたくさんありましたが、素敵な会社に出会うことが出来て、働きたかった先輩方と最高の環境で働くことが出来るので、頑張ってきて本当に良かったです。

担当さんや家族や友達とたくさんの人に支えていただき、掴んだ夢なので、これから頑張っていきたいと思います。

これから就職活動をされる方に一言!

不安なことがたくさんあると思いますが、自分を信じて頑張ってください!!

担当コンサルあとがき

帰国前からご相談をいただき、一緒に就活をスタートしました。
Richikaさんは就業経験がないとは思えないほどしっかりされており、とにかく努力家!
「自信がない」というネガティブな要素をバネにし、努力を怠らないRichikaさんの姿勢に担当コンサル自身も学ぶことがたくさんありました。
実際の就職活動では、「将来何をしていきたいか」「どんなスキルを付けていきたいか」など、目標設定からスタートし、面談を繰り返し徐々に将来像を明確にしました。
描いた未来に対し何が必要かを考え、最短ルートを辿れる企業を選び、しっかり対策を行うことで、最終的に第一志望の企業から「是非一緒に働きたい!」と言ってもらうことができました。
Richikaさんのこれからのご活躍を楽しみにしております!