【利用者の声】販売・事務からバイリンガル教育企業へ Chihoさん30歳

利用者インタビュー


Chihoさん
(30歳)

大学卒業後2社を経験した後トロントへのワーホリを決めたChihoさん。
帰国後、3社目となる帰国後の就活では、自分の未来を考える大事な時間となりました。そして無事、自分の強みを活かした就職先で今まさに活躍中。そんなChihoさんのワーホリ生活と就職活動についてお伺いしました。

Chihoさんについて

留学に行く前はどんなことをされていましたか?

大学卒業後、楽器の販売職を3年経験したあと、運送会社にて一般事務職をしていました。

カナダにワーキングホリデーを決めたきっかけはなんですか?

大学の時に短期留学でカナダに行ったことがあり、もう一度行きたいと思い、再びカナダに留学しました。
 

仕事を辞めて留学へ行くことについて葛藤はありましたか?

あまりありませんでした。カナダに行ってもやっていけるだろうという変な自信はありましたし、それよりも行かなくて後悔するほうが嫌だったので、行ってよかったと思います。

トロントでのワーホリ生活はいかがでしたか?またどんな経験をされましたか?

多国籍の人たちが本当に多い都市で、様々な文化に触れることができました。大都市のトロントですが、みんなフレンドリーで、せかせかせずにおおらかな人たちが多かったです。
私は最初に半年間語学学校に通い、そのあとはTOEICの専門学校に三か月通いながらレストランで働いていました。

トロントでの生活で挑戦したことはなんですか?

英語のスピーキング力を上げたかったので、語学学校での勉強を優先しました。
また、日本人のできるだけ少ない学校を選び、日本語を話すことを避けました。たくさんの生徒たちと話したかったので、授業後のアクティビティなどに積極的に参加しました。

海外での生活を終えてご自身の中で変わったことはありますか?

留学する前よりも、積極的に行動できるようになったと思います。初対面の人に自分から話しかけたりなど、今まで恥ずかしくてできなかったのですが、成長した部分だと思います。

就活について

帰国キャリアドットコムを利用しようと思ったきっかけはなんですか?

TOEICの専門学校に通っていたときに、先生から勧めていただいたのがきかけです。

利用する前まで就活についてどう感じておられましたか?

一年間海外で過ごした経験を無駄にはしたくなかったので、英語を使った(主に英会話)職種に就きたいと思っていました。
しかし、いざ自分で探そうとすると、たくさんの情報量から探すのが困難で、また、ハローワークなども行って探さないといけないのかなと思うと、自分が納得する仕事に就けるのか、かなり不安がありました。

実際に相談してみていかがでしたか?

自分に合った企業をいくつか絞って提案していただいたおかげで、一社ずつしっかり向き合って取り組めたと思います。
企業ごとに細かい説明をしていただけたので、すごく分かりやすかったです。

就活中、工夫されていたことはありますか?

面接時は、緊張はしましたが自分の思いを精一杯出し切ろうという気持ちで毎回臨みました。
そのために、受ける企業の情報収集や下見などもし、自分が言いたいことをノートにまとめたりしました。
また、面接での質問内容など、不安なところは事前に質問し、万全な態勢を心掛けました

就活中大変だったこと、悩んだことはなんですか?またどうやって乗り越えましたか?

たまに、面接時に予想していたよりも難しい質問を聞かれることがありました。
それに対し、うまく答えられないこともあったのですが、次に同じような質問を聞かれたときはこうやって答えようなど、作戦を練りました。

留学生活で就職活動に役立ったと思えることはありましたか?

海外で生活をしていたという経験が一番大きいと思います。
また、国籍問わず、たくさんの人たちに出会えたことが、私の中で何よりの強みです。

ご自身の就活を振り返ってみていかがですか?

あまり焦っていなかったためか、就職活動はあまり苦には感じませんでした。
いつ決まるのだろうかという思いはありましたが、自分が就きたい職種に就くことができ、お世話になった帰国キャリアドットコムの岩渕さんには感謝しています。

今後の目標や夢はありますか?

新しい仕事を通じて、自分がもっともっと成長していけたらなと思います。
また、カナダで培った英語も日本に帰ってきたから終わりではなく、いろんな方法で続けていきたいです。
それがまた新しく何かに挑戦するときに役に立てるように頑張ります。

これから就職活動をされる方に一言!

帰国キャリアドットコムの岩渕さんには本当にお世話になりました。少しの悩みでも真剣に答えてくれたり、アドバイスをいただきました。そのおかげで、カナダで生活しているときも、日本帰国後の就活への心配や不安も消え、何事も全力で取り組むことができました。留学は、一生のうち限られた時間でしかできない貴重な体験だと思います。その貴重な時間を無駄にしないために、何事にも全力で取り組んでください!

担当コンサルあとがき

ちほさんは初めてご相談いただいた際、「自信がなく、何がやりたいかわからい」「留学経験をどう活かせば良いかわからない」と正直に不安をお聞かせくださいました。
一方で、「新卒の就活が上手に出来なかったから今回の就活は成功させたい!」という強い思いもお持ちでした。
何度も面談を繰り返しながら、就職活動に粘り強く取り組んだ結果、英語もこれまでの経験も活かせる企業に入社することができました。入社後にお会いしたときも、「今は月末の〆くらいしか残業がなく、社内のキャリアプランも明確、その為残業でお金を稼ぐではなく、出世して稼いで欲しい、なんと休みが多い!」等とてもキラキラお話ししているのが印象的でした。
ちほさん、業務を通じてこれからも社会貢献して下さいね!応援しております!
ーーーー
「就職活動がうまく行けば、お金も時間もかけた留学自体も成功体験になる。」というとても良い事例かと思います。
毎年たくさん留学生の就活サポートをしておりますが、業界や転職マーケットも知らないまま自己流就活に走り、途中で失速してしまう人をたくさん見てきました。
我々は皆さんの成功を祈り一人一人時間をかけてその人にカスタマイズしたキャリアアドバイスをしていますので、一度しっかり我々を信じて頼って頂きたいと思います。
 

タイトルとURLをコピーしました