【イベント告知1月22日】留学・ワーホリ経験者のためのプログラミング体験会@東京 【詳細はこちら】
海外経験を次のキャリアへ

留学・ワーホリから帰国する人のための就職サポート

今すぐキャリア相談

キャリアサポートの流れ

お問い合わせから内定までの流れ

お問い合わせフォームから基本情報を入力いただき、その後キャリアカウンセラーからキャリア面談の日程調整のご連絡をさせていただきます。
面談後は帰国の時期に合わせて、就職活動・転職活動のスケジュールを一緒に組み立て、面談を重ねながら内定までサポートいたします。

帰国の時期や、帰国後どのくらいで仕事を始めたいかなど、しっかりとヒアリングをさせていただきますので、まずはお気軽にご相談下さい。

20代後半 Mさんの場合

看護師として3年勤めいていた病院を退職後、1年間のワーキングホリデーのためカナダへ。帰国約2ヶ月前の5月にご相談いただき、初回面談を実施。
履歴書・経歴書の作成とヒアリングを行っていく。トロントにいた際、なかなか自分の肌に合う化粧品がなかったことから、美容の情報に関心を持ち、人の健康や美容に関われる企業を志望。
6月頭に経歴書完成後、一緒に企業の選定を行い、トロントにいながら4社エントリー。面接対策を行い2週間の旅行の後6月末に帰国。
帰国後すぐに、複数の面接を実施。最終面接まで担当のキャリアカウンセラーがオンラインでサポート。7月末に美容系のIT企業に内定。

30代前半 Kさんの場合

日本では約10年間でバックオフィスや営業業務など3社経験。退職後ワーキングホリデーのためオーストラリアに1年滞在。語学の勉強やアルバイトをしながら現地のサッカーサークルに所属し、異文化交流など海外生活を満喫した後、2月頭に日本に帰国。
帰国後ご自身で仕事を探していたがなかなか見つからず、2月末に帰国キャリアに相談。
東京オフィスで担当コンサルタントと一度面談し、すでにご自身で作っていた履歴書・経歴書の添削、複数社同時にエントリー。SNSを使いリアルタイムに面接対策など細かなサポートを行う。3月にグローバルに展開する精密機器メーカーの総務部にマネージャーとして内定。4月に入社。

大学生 Aさんの場合

大学4年時に休学し、1年間カナダにワーキングホリデーとして滞在。
バンクーバーでは地元のカフェで働いた経験から、いつかカナダで自分のカフェをオープンしたいと思うようになる。やりたいことは決まったものの、日本で就職活動をやった経験がなかったため、帰国1ヶ月前の3月に帰国キャリアドットコムに問い合わせ。Skypeにて初回面談を行う。
メールにて履歴書の添削を行い3月末に帰国。
帰国後もSypeやSNSにて面接の対策、進捗共有を密に行い、約2ヶ月で4社面接実施。
6月に海外展開もしているホテル・レストランの企業から内定をもらう。

大学生 Tさんの場合

大学3年後期の半年間ニュージーランドに学生ビザで滞在。語学学校での勉強に加え、様々なボランティアにも参加し、4年生4月から日本の大学に復学。やりたいことが見つからず、友人の紹介で5月に帰国キャリアドットコムへ相談。担当コンサルタントとのカウンセリングを通じ、なりたい将来像や理想的な成長の仕方などが見え、会社選びの軸を決定。履歴書作成の後、業種・職種に関係なく、裁量持って仕事ができ、実績に応じたインセンティブが支給される企業に絞って応募。随時担当コンサルタントとSkypeで面接の練習を行い、面接を受けた5社のうち3社から内定をもらう。

カレッジ卒業生Yさんの場合

高校卒業後、グローバルに活躍できるようになりたいと考え、カナダのカレッジでマーケティングを専攻。2年間のカレッッジ在学期間を経て、まずは日本で働きたいと思い、帰国2ヶ月前の 4 月に帰国キャリアドットコムに相談。4 月中に担当コンサルタントとキャリア設計を行い、履歴書作成・添削と面接練習を実施。5月は家族でカナダ旅行をしながら3社エントリーし、帰国後すぐに面接を行う。面接を行う中で、自分のやりたいことがさらに明確化し、7 月に1社内定をもったが、就活を継続。8 月に第一志望だった Web マーケティングのベンチャー企業から内定をもらい、翌年 4 月の入社が決定。