利用者インタビュー#16 Ayumuさん

利用者インタビュー


Ayumuさん
(25歳)

大学を卒業後、夢を叶えるため就職せずトロントに行ったAyumuさん。
卒業後就職をせずにワーホリに行くことについて、周囲からの反対の声や自身の不安もあったそうでが、その気持を乗り越え、夢を叶え、帰国後やりたい仕事を掴むことができました。
そんなAyumuさんの帰国前から帰国後の就職活動の道のりをお伺いしました。

Ayumuさんについて

ワーキングホリデーに来る前は何をしていましたか?

留学に行く前は、海外で自分のやりたいことがあると思ていいたので、大学卒業後、就職はせずにアルバイトをしながらバンド活動をしていました。

 

留学に行こうと思ったきっかけはなんですか?

これはかなりお恥ずかしい話なのですが(笑)、高校生の頃に付き合っていた彼女に「なよなよしい」と友人づてに聞き、私が落ち込んでいた時にたまたまテレビに出ていた歌手のリリックに影響されたからです。
その歌手とはAVRIL LAVIGNEで、「男なんかに負けんじゃねー」、「男なんかろくでもない」といった歌詞を唄っていました。

それを聞いて私は「自分はこのままじゃいけない、負けてしまう、変わらないと」と徐々に考えるようになりました。それから彼女の出身国を調べそれがカナダと分かり、人にこれだけパワーをくれる歌手の国「カナダ」はどんな国なのか?直接見てみたい!また、そこで自分も音楽をやってみたいと思い、カナダへの留学を決意しました。

 

卒業後、就職せずに海外に行くことに不安はありませんでしたか?

不安はかなりありました。帰国後の就職活動や、友達周りからの目などもかなり気にはなりましたし、また周りの友達はみんな就職していたので、私一人フリーターでバンドをしながらの状態で留学をすることに周りは、「Ayumuは遊び歩いている」と見られていたと思います。

しかし、そんな事より自分の中でカナダへ挑戦したいという熱が、日々の些細なことを打ち消してくれました。将来のことは気にせず、今自分にとって一番やりたいことをやろうと考えて不安を押しのけて留学しました。

トロントにいた日本人はそのような方々がたくさんいました。(笑)その中で両親や彼女、当時のバンドメンバーや他県の友達がいつも私の味方でいてくれたことは、自分にとても大きな存在でした。

 

トロントでのワーホリ生活はいかがでしたか?

最初の一か月で打ちのめされました。
語学学校では、南米系の生徒にクラスは乗っ取られ授業中ほぼ質問ができずに終わったり、ホームステイ先の食事にマクドナルドの廃棄が頻繁に出たりし、そのストレスや環境の変化から体調を崩すこともありました。

そんな時、学校とかで日本人達といると、とても楽で心休まります(笑)
しかし、せっかくToronto来たのに、日本人とばかり居ては勿体無いと思い、滞在中はなるべく違う国の人達と交流するように心がけました。

そして何より、自分のやりたかった「音楽」が留学生活をとても有意義にしてくれたと思います。(HARDCOREというジャンルです)。
トロントでバンドすることができたり、週末はバンドの友達と行ったこともない土地でライブをしたり、そこでお酒を飲んで友達になったり、音楽のおかげでつながりもたくさん増えていきました。
バンドをしながら英語も学べて、とても充実していました。そう思わせてくれたToronto Hardcore familyにも感謝しています。

カナダの生活で挑戦したことや、ご自身の中で変わったことはありますか?

挑戦したことは、ゼロからの友達作りとバンドメンバーを探す事です。
好きなアーティストがTorontoに来た時に私の好きなバンドシャツを着ている人がいたら、一人ひとり話しかけて、「俺バンドやりたい、俺ギターできる」の2フレーズを武器に色々な人に言いました。(笑)

もちろん「お前何を言ってんの?」や「ごめん、誰?」など他にもいろいろ言われました。とにかくバンドを作りたくて、ひっきりなしに声をかけていくうちにたくさん友達ができて、その中からバンドやってもいいよと言ってくれる人が出てきてバンドを組むことができました。

しかし、いざメンバーとスタジオに入り曲を作るとなると、自分のニュアンスが伝わらずに曲がイメージとは全然違う方向に行ってしまうこともありました。
「もっとメンバーとコミュニケーションをとりたい」という気持ちや、バンドをやっていく中で作曲中のニュアンスが伝わらないときの悔しさがあったからこそ、英語にもっとアグレッシブにいこうという気にさせてくれました。また、海外の友達が増えていく中で、一つ一つの繋がりや、仲間の大切さなど、日本に行く前と比べて自分の中での考えがガラリと変わりました。

本当にカナダの人たちは家族をすごく大切にしますし、親しい友人なんかはもう家族のように扱ってくれるので、良い意味でとてもカルチャーショックでした。

 

就職活動について

帰国前からの就活スタートだったかとおもいますが、帰国キャリアドットコムを利用しようと思ったきっかけはなんですか?

友人のMIKAさんがブログを書いているのをみて初めて「帰国キャリアドットコム」を知りました。
興味本位で開いたWebページに「留学・ワーホリから帰国する人の為の就職サポート」と書いてあるのを見たのがきっかけです。

日本にいる時からワーホリ帰りは就活が難しいと何度も聞かされました。
私も帰国してから就活では遅いと思いカナダ在留中に就職活動できないかと考えていた時に、帰国キャリアドットコムを知り、社会経験のない私は藁にも縋る思いで利用しようと決めました。

利用する前まで帰国後の就活についてどう感じておられましたか?

まず、私みたいな人間を正規で雇う企業が本当にあるのかとずっと考えていました。
大学を卒業後フリーターで一年を過ごし、そこからワーキングホリデーでまた一年使い、社会経験0という経歴とその大学卒業後の2年間をどう企業に説明したらいいのか、わからなく不安でした。

また、百枚近いとエントリーシートを手書きで百社近くに送り何社も連続で落ちて落ち込んでいる友人を見たことがあり、社会経験ゼロとそれを見た記憶で不安に駆られまくりでした。

就活に対していいイメージは、ほとんどありませんでした。

 

実際に利用してみていかがでしたか?

実際にしてみると、イメージと正反対でした。
エントリーシートはパソコンで仕上げてもいいということから知り、そこから、企業へのエントリーシート提出までにやるべきことや、内容の修正と的確なアドバイスをご指導して頂いたおかげで、就職活動はものすごくつらい時間と考えていたのが、自分を見つめなおす最高の時間に代わり、マイナスなイメージであった就職活動を乗り越えることができました。

就活中大変だったこと、悩んだことはありますか?またどうやって乗り越えましたか?

自分の中で面接の対策が一番大変だったと思います。
学生時代のように面接練習が自分自身でやるしかないので、そこでの不安がありました。ドアのノックの方法や入室の仕方など社会経験のない私には未知の部類でした。
実際に企業の情報と自分の紹介などで頭がぱんぱんな状態で筆記試験などを行い、覚えていた内容を忘れてしまったことがありました。

それ以降は最低限の企業情報だけインプットし、自然な会話を意識して面接をすることで、その問題を乗り越えることができました。

 

就活中、工夫されていたことはありますか?

面接前には必ず帰国キャリアドットコムの担当コンサルタントさんと電話で面接対策をしました。
事前に自分の中にインプットした企業の情報を電話でコンサルタントさんと確認しながらアドバイスをもらい、それを面接ではなすというスタイルでした。面接時は「面接」という感じではなく、ごく自然な会話になるよう心がけました。

 

留学経験で就職活動に役立ったと思えることはありましたか?

留学中はつながりの大切さを学びました。
自分のバンドを宣伝したりするために、フライヤーを置かせてもらうためにレコードストアに行ったり、または趣味の合う人を見つけたり、紹介されたりと、一つのつながりで無限大の可能性があると感じました。

そこで、就職活動中にかかわった企業などに何かしらの形で関われたらいいなと考えるようになりました。

次回はお客さんとしてこの企業を利用すれば、活動中に調べていた知識が具体化されて見えて、プラスαで知識が増えたりもっと自分へプラスになると感じました。

 

ご自身の就活を振り返ってみていかがですか?

就職活動を始めた当初は、本当に知識ゼロの状態で、自分のやりたい仕事も分かりませんでした。

そんな状態から、担当のコンサルタントさんがたくさんヒアリングをしてくださり、私のやりたい事探しを手伝ってくださいました。日本に帰国してからも電話による面談を重ねていただいたおかげで、自分のやりたいことが徐々に見え始めたのは本当にうれしかったですし、感謝です。

本当に0からのスタートだったにも関わらず、社会での知識やキャリアについて細かく教えてもらい、不安なく就職活動を行うことができました。

0からここまで育ててくれた帰国キャリアドットコムさんには本当に感謝しかありません。

これから就職活動をされる方に一言!

不安やわからないこともたくさんありました。
でも、就職活動は自分を見つめなす絶好のチャンスでもあるとわかりました。
また、人生においても重要な分岐点ともなると感じました。
同じように悩んでいる人には、長い時間をかけじっくりと自分のやりたいことを見つけ、焦らず最高の就職活動を送ってほしいです!

 

 

 

担当コンサルあとがき

将来の生きたい姿や、留学中に達成したいことが明確だったAyumuさん。
「大切な人を幸せにして、BIGになりたい!」という真っ直ぐな思いが彼のエネルギーとなり、たくさんの壁を乗り越えてこられたのだと感じました。
ワーホリも留学もその後の就職活動も正解はありません。
もちろん不安もあったと思いますが、Ayumuさんと一緒に就職活動を進めていく中で、「未来に向かって前向きに行動することで過去を正解にしていく」ということの大切さを改めて感じさせていただきました。

これからもAyumuさんのことを応援しています!!
ありがとうございました。