帰国Q&A

有利になります。問題は留学中に何を「経験」し「学ぶ」かです。現在日本では労働人口が激減しています。外国人でもうまくコミュニケーションをとれ(社内のコミュニケーションもしかり)、様々な「経験」をして来た人材は重宝されます。現在留学中の方は是非、「経験」「学ぶ」をテーマに留学してください!

「経験」をし「学ぶ」をして来た方は、様々なビジョンが見えて来ます。しかし決めきれないことがあると思います。私たちはあなたの「経験」を元に将来のビジョンをお手伝いさせていただきます。たくさん御提案、御相談させていただき、色々な人に会って話をしていくことで自分自身に何がいいものか定まってくるでしょう。心配ございません。一緒に頑張りましょう!

必ずしも必要なわけではありません。あくまで評価基準、もちろんもっていれば+αです。大切なのは企業側があなたにどれだけ会社で「活躍」出来るかを期待しています。あなたが会社にどのように貢献できるのかが非常に重要だと思っています。

有利になるとは限りません。企業は中途の場合入社後の実務、稼ぐ力を見ています。資格保持者と実務経験者が候補にあげれば確実に後者の方が有利でしょう。実務=経験という考えを持てば留学中の経験を大切にしてください。

先ずはご相談下さい。たくさんの企業について研究し「良いところ」「悪いところ」を見つけてください。同時に他の企業、業界も研究しましょう。そこで初めて比較できた時に行きたい会社がより輝き、自分自身が何をできるのか、何をしたいのか明確にできます。

あなたの語学力と企業が求める語学力は異なります。仕事で使う英語は読み書きです。話すとなれば交渉という形になります。あなたの英語力を色々な人と比較してください。ビジネスレベルであれば可能でしょう。しかし、英語を使ってどのような仕事をするのかは企業によって異なります。英語のメニュー作成、英語で接客、翻訳、通訳、交渉、輸出入、英語を使う仕事は様々です。自分が英語を使って仕事をする事をイメージして目の前の英語に触れる事をお勧めします。

TOEICやTOEFLの点数よりも企業側はインターンやボランティアでどんな事をしたかどんな経験をしたか、それが入社後にどう活かされるかを見ています。異文化交流も含め様々な経験をお勧めします。

もし、あなたが留学前、留学中、就職前ならば既にあなたの就職活動は始まっています。常に企業研究、業界研究、常に自己分析を考えていきましょう。

一度、御相談下さい。我々は多くの留学生、企業、人事を経験しています。あなたの経験をヒアリングしてしっかり見える化し、サポートさせて頂きます。

質問フォーム

*は必須